2017年3月2日(木)ふぐ料理「春帆楼」(大阪 阿倍野)

お客さんとの仕事終わりで、予約もせずぶらりと入ったのは、ふぐ料理店「春帆楼」。

IMG_2156.jpg

どうやら下関に本店があり、創業明治21年。
日本のふぐ料理公許第一号で
初代内閣総理大臣伊藤博文も愛した老舗ふぐ料理店とのこと。

IMG_2140.jpg

食前酒として梅酒と鯛ワタの塩辛
塩辛はレモンの上に置かれていて誰にでも交換もてる優しい味になっていました。

IMG_2141.jpg

前菜
食感や味の変化を一皿の中で上手く表現されています

IMG_2142.jpg

椀物は雲丹豆腐のお出汁

IMG_2143.jpg

てっさ
湯引きは弾力もいい感じに残っており美味しかった。

IMG_2144.jpg

白子茶碗蒸し
この味も良かった~

IMG_2145.jpg

白子の焼き物(塩焼き・醤油焼き)
これが一番気に入りました!

IMG_2147.jpg

ふぐの唐揚げ

IMG_2148.jpg

ふぐちり小鍋
ふぐの切り身は3切れ

IMG_2154.jpg

ふぐ雑炊

IMG_2155.jpg

デザートはシンブルにキウイフルーツとオレンジ
オレンジが特に新鮮で美味しかった

全体的な印象は、一品、一品が上品に味付られており
またからあげやてっさで出されるふぐの切り身が比較的小ぶりのような気がして
「かっつり」ふぐを食べたという感覚にはならないです。

まさに気軽に(そこそこ値段はしますが)ふぐを食べたいなっていう時には利用したいお店のような気がしました。

店内やお食事の写真は「食べログ」で






スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する