2017年1月6日(金)鮨「む田」(大阪 肥後橋)

グルメ通、二人との会食に選んだのは、
昨年一度も訪問出来なかった本格江戸前鮨の「む田」

2015年12月以来の訪問です

IMG_1979.jpg

シンプルな中に素材の新鮮さと工夫を感じるお料理は
今回も期待を裏切らないものでした

特に美味しいなって、改めて感じたのは

・風味以外存在を感じないほどふわふわ感覚の穴子、
・実はチーズが少し使われている独特の食感と風味をもつ玉子
・他店と比べ、甘さが群を抜いているかんぴょうを使った巻き
・甘くなく、いくらでも食べれる生姜

そして、改めて感動したのは、
イカの握りを食べた時。

イカを初めとして魚は包丁を入れる角度によって
味が変わると言われます。

これが、イカの握りになると顕著に表れ、
多くの場合、シャリだけが喉を通り
イカはまだ口の中に残っているという悲しい状況をよく見かけます。

しかし、大将のイカの握りは絶妙な包丁の入れ具合により
シャリとイカが同時に喉元を通過します。
美味い!これぞ、プロのワザ!

そしてもっと大切なのは、いつも癒してくれる大将の温かい人柄。
これがあるから、なかなか他でお鮨を食べたいという気になれないです。

今回撮影できなかった料理の画像は「食べログ」で






スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する