2016年_総括

(1)4つのシステムの総合損益 (証拠金1,800,000円、ミニ3枚での運用)

2016年 +1,081 (+1,081,000円、利益率60%)
2015年 +2,687 (+2,687,000円、利益率149%)
2014年 +2,403 (+2,403,000円、利益率134%)
2013年 +3,033 (+3,033,000円、利益率169%)

4つのシステム同時運用が可能となった2013年以来4年目にして初めて
資金を倍にする利益率100%を割り込みました。

しかし、今までが良過ぎたという事と、未だに他のシステムと比較して
はるかに安定性のあるシステムの組合せであると考えています。

一方、各システムを個別に見てみると、
2016年、2つのシステムの年間損益がマイナスとなったため
注意が必要と考えています。


(2)システムごとの年間損益 (ミニ10枚で運用と仮定)

◇アルゴス (8:45~15:15)
2016年 +1,970 (+1,970,000円)
2015年 +3,320 (+3,320,000円)
2014年 +2,320 (+2,320,000円)
2013年 +6,490 (+6,490,000円)

 ※2016年は不安定な相場が続きエントリーの回数は過去最低の66回となりました。
 ※ちなみに2015年のエントリー回数は、117回

◇生き残れ-日中B (8:45~15:15)
2016年 ▲400    (▲400,000円)
2015年 +5,160 (+5,160,000円)
2014年 +5,690 (+5,690,000円)
2013年 +3,170 (+3,170,000円)

  ※2007年7月からの運用開始以来、初めて年間損益がマイナスとなる
  ※システムが市場にマッチしない日が多くあり配信者の方もシステムの見直しを検討されているとのこと

◇生き残れ-ナイトNS (16:30~翌日5:30)
2016年 ▲885   (▲885,000円) 
2015年 +4,415 (+4,415,000円) 
2014年 +3,870 (+3,870,000円)
2013年 +4,675 (+4,675,000円)

  ※2007年9月からの運用開始以来、初めて年間損益がマイナスとなる
  ※こちらもシステムの見直しを検討されているとのこと

◇生き残れ-オーバーナイトON (5:30~9:00)
2016年 +2,890 (+2,890,000円)
2015年 +5,045 (+5,045,000円)
2014年 +2,200 (+2,200,000円)
2013年 +2,095 (+2,095,000円)

アルゴスについては、配信会社のホームページでは先物の数値を採用しており
逆指値は置かず、引け成り決済での数値を採用しています。一方の自分の
トレードでは先物ミニを逆指値(▲200)を設定した上で取引しています。

生き残れについては、指値ミスなどにより配信者のホームページの数値と
異なる場合があります。

スポンサーサイト
2017年1月4日 | Home | 2017年1月4日 謹賀新年

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する