有力シグナル活用術 総括_2016年1月

(月間損益)
 +806,000円

※証拠金60万円で取引した場合、+268,000円
※証拠金1,800万円では、+8,060,000円

(感想)
証拠金180万円に対して約45%の利益は出来過ぎの感あり

(ブレンド手法の威力発揮)
今月も1つのシステムが月間マイナス損益であったにも関わらず
4システムのブレンド手法をとったため
無事月間損益をプラスで終えることが出来た

とは言っても、年に2か月はマイナス損益を計上することも想定して
日々、シグナル通りのトレードを心得るつもり

(参考)
月間損益がマイナスであった月数は、
・2015年は、5月と11月の2か月
・2014年は、5月の1か月のみ
・2013年は、なし

(ちなみに)
4システム全てが利益をたたき出した月は
・2015年は、5か月
・2014年は、3か月
・2013年は、4か月

4システム全てが損失を計上した月は
・過去3年(36か月)間、ありません

(もちろん)
過去のデータが、未来の損益を保証するものではなく
いつかは、これら4システムのブレンド手法が通用しない日が
来ることも想定しています

その日のため、日々新しいシステムの検証を継続しながら
いつ大きなドローダウンが来ても大丈夫なように
資金管理だけはしっかりする必要があります

(大切なのは)
どんなに優秀なシステムでも、
単独では年間3か月、4か月の損失を計上する月があることを考えると、
このブレンド手法においては、一般投資家が、メンタル的に安心して
日々のトレードを継続することが出来ると思います








スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する