証券会社の変更、岡三オンライン証券へ

2016年1月より先物ミニのトレード用個人口座を
現在のライブスター証券より岡三オンライン証券に変更します

http://www.okasan-online.co.jp/fop/

1) 理由は、

便利な発注システムが完備されている点です

具体的には、エントリーの寄り成り注文時に、指値と逆指値も同時に
発注でき、それだけでなく、セッションクローズ直前に決済がされない場合
自動的に引け成り注文に変更してくれるんです

これだと、日中、ナイトともエントリーの注文時に決済作業まで一度で出来ます。
但し、1月から始めるオーバーナイトの決済は
日中セッション寄り前に決済の注文を手作業で行います

※先物ミニ用法人口座は、現在のライブスター証券をしばらく使います

2) 難点は、

手数料が高くなる点です
さすがに業界最安値を実現したライブスター証券にはこの点では負けます

ちなみに、

ミニ1枚当たりの手数料は、

・岡三オンライン証券 40円(税別)
・ライブスター証券  35円(税別)

つまり、1回の売買(1往復)で、10円高くなります

例えば、先月(11月)を例にとると
月間1,410円手数料が増えることになります

※毎回1トレード当りミニ3枚エントリーした場合
11月は47トレードしたため

30円/1トレード X 47トレード = 1,410円

3) 結論は、

発注作業の負担が軽減されることを考えると
(証拠金180万円に対して)月間の手数料が1,410円高くなる程度なら
十分やる価値はあると思っています








おススメの証券会社 (2015年10月8日現在)

ライブスター証券です

http://www.live-sec.co.jp/225/
現在利用させていただいています。理由は、(1)手数料がミニ1枚あたり35円、ラージ同250円は知る限り業界最安値*、(2)サポートの電話のつながりやすさと親切さは合格点、(3)スリッページは、全くないとは言えないが、多くの場合、予約決済価格で決済できています。

*「松井証券」には、「一日先物取引」というコースがあり、ミニ1枚あたり25円、ラージ同250円と
更に安いです。但し、こちらの口座では、通常の「引け成り決済」が出来ず、裁量にて決済をする必要があります。もし決済をしないと、証券会社の任意で決済されます。また取引所の売買状況や証券会社の都合により次のセッションでの決済となる可能性もあり、決済価格が大きく変動する可能性がゼロではないため、このコースは現時点では検証外とします。


(その他、注目の証券会社)

1. 楽天証券
ミニ1枚あたり38円、ラージ同278円
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fop/futures/commission.html

2. カブドットコムクリック証券
ミニ1枚あたり38円、ラージ同300円
http://kabu.com/item/fop/cost.html

3. GMO証券
ミニ1枚あたり39円、ラージ同280円
https://www.click-sec.com/corp/guide/fuop/info/

4. 松井証券
ミニ1枚あたり40円、ラージ同300円
http://www.matsui.co.jp/service/sakimono/fee.html


(皆様へのお願い)
「ここの証券会社の方が手数料安くなってるよ」という情報がありましたら
ご一報いただけると嬉しいです