2017年3月12日(日) 田起こし

昨年12月以来2回目のトラクターを使っての田起こしを行いました。

晴れた日が続いて土が乾いた状態で行う必要があるため
なかなかチャンスに恵まれませんでしたがようやくという感じです。

IMG_2187A.jpg   IMG_2190.jpg

(自宅、前の田んぼ)

これをすることにより、もし草が生えていたら、その草を掘り起し
日光のもとで枯らすことができます。

また、田植え直前に行う代掻き(しろかき)をした時に
土が細かく練り上げられ、水と混ざることでドロドロの田植えに適した下地を
作る事ができます。

IMG_2186A.jpg

(自宅、横の田んぼ)

今日は、約2反の田んぼを耕すのにほぼ一日かかりました。
途中、通りすがりの人と立ち話したりしたもんで・・・・
ちょっと時間がかかり過ぎですよね。

IMG_2189A.jpg

(自宅、近くの田んぼ)

6月の田植え前に、あともう一回はやります。








2017年3月5日(日) ジャガイモの植え付け&玉ねぎ草取り

午後は妻と畑仕事。

IMG_2162.jpg

2日前に買ってきた種芋を目の数が均等になるよう切断し乾燥させました。
今年も品種は、「きたあかり」
2kg買ってきたので、約50個の種芋が出来上がりました。

果肉は男爵よりも黄色く、加熱調理するとホクホクした食感が特徴で
味は甘く、「くりじゃがいも」とも呼ばれています。

IMG_2163A.jpg

我が家の植え付け方法は、「逆さ植え」といい断面を上にして植えます。
そうすることにより、病気に強いジャガイモが育つようです。

IMG_2164A.jpg

土をかぶせた後は、籾殻(もみがら)を巻き、寒さ対策をします。
このあと、マルチで覆い、発芽するまで待ちます。

IMG_2166.jpg   IMG_2168.jpg

続いて、玉ねぎの除草2回目
雑草が増えると玉ねぎの成長が悪くなるので
出来る限り小まめに抜くように心がけています








2017年3月1日 ジャガイモ栽培用の土作り

4日後の日曜日にジャガイモの栽培を予定しているため
午後の仕事の合間に土作りをしました。

ジャガイモが儒文に根を広げて養分を吸収できるよう
結構深め(25センチくらい)に耕しました。

また種芋が腐ったり根腐れを起こさない様、畝を高めに作ろうと思ったのですが
思い通りの畝にはならなかったというのが感想です。

IMG_2133A.jpg

畝(あぜ)をつるく所に豚フンを巻き、鍬(くわ)で耕します。

IMG_2134A.jpg   IMG_2136A.jpg

じょうれんで、真ん中に肥料をやるための堀を作ります。
そして油粕などを混ぜた肥料をまきます。

IMG_2135A.jpg

最後に、土をかぶせて、準備完了!







2017年2月12日 たまねぎ追肥と除草

昨年11月に植え付けた玉ねぎの2回目の追肥として豚ふんを施しました。

そして、玉ねぎと玉ねぎのに生育した雑草を抜いたのですが
これが結構、間違って玉ねぎも抜いてしまわないように注意しながらすると
時間がかかるんです。

IMG_2116.jpg

追肥前&除草前

IMG_2117.jpg

追肥後&除草後

玉ねぎの生育を妨げないように、これからもこまめに抜きたいと思います。







2016年12月11日 田んぼの耕作と虹

二日酔いの体に鞭打って
今日は、愛車、トラクターに乗って田んぼを耕しました

IMG_1853.jpg   IMG_1852.jpg

途中から、寒い日なのに雨が降り出し、
体は震えるわ、土は水分を含んでドロドロになるわ
最悪の状況に気分は、ブルーに・・・・

ふと、見上げると
近年見たことないような美しい虹が目の前に現れ感動!

IMG_1880.jpg 

IMG_1879.jpg

IMG_1876.jpg

頑張れば、良いことあると思える一日でした。
家に帰って、あつ~いお風呂に入り
妻の手料理で、疲れも吹き飛びました